コンポジットリペア 施工事例

Case Study in COMPOSITE REPAIR

イギリスのファーマナイト社は、1990年代から石油メジャーが開発を開始したコンポジットリペア技術の体系的な確立を推進してきました。2015年にはISO 24817として正式に規格化され、高い品質と信頼性のある補修技術として世界各国で評価されています。

富士ファーマナイトではサービス開始2011年~現在まで
250件以上の実績があります!

CASE #01 12B ティー管 / 漏れ止め

ティー継手に異種金属を溶接したため、ガルバニック腐食が発生。溶接線の減肉、貫通穴からの漏水が見られました。
流体は常温の消火水、
圧力1.7MPaでした。

ISO 24817に基づく強度計算によると、コンポジットを17層積層すれば、溶接部の減肉が進行し破断してしまっても、漏洩を抑え込めることがわかりました。

シート状の炭素繊維を配管、装置の形状に合わせて裁断し、ティー継手全体に、必要積層数(17層)の積層を行いました。

コンポジットリペアによる効果

コンポジット層は軽いため、追加で配管のサポートを設置する必要はありません。人的被害の発生リスクと発電所の突発停止リスクを低減できました!

施工事例 12B ティー管 / 漏れ止め

ダウンロードはこちら

CASE #02 26B 配管 / 漏れ止め

配管の下側が広範囲に減肉しており、次回の定期修理で交換するまでの間、配管からの漏洩を防ぐ必要がありました。
流体は常温の廃ガス、
圧力0.1MPa。
製油所内のため、溶接による鉄板補強は行えません。また、装置を止めると、莫大なコストがかかってしまいます。

ISO 24817に基づく強度計算によると、減肉箇所が貫通して漏れが発生しても4層の積層で完全に漏洩の予防が可能と判断。

貫通する恐れがあったため、減肉箇所の表面処理は行わず、運転状態で、配管の下側のみにコンポジットを積層しました。

コンポジットリペアによる効果

減肉箇所からの漏洩リスクを低減したことで、突発的な装置停止のような最悪のリスクを回避することができました!