強度計算できる強み

強度計算 / 設計ができる強み

Advantages Unique to FURMANITE’s COMPOSITE REPAIR

外面腐食対策として、再塗装や、FRP巻き付け、鉄セメント塗布などによる方法がありますが、
こういった簡易的な処置では、耐用年数の予測ができないため、いつ減肉箇所から漏洩が発生してもおかしくありません。
一般的に建設してから年数が経過したプラント配管の外面腐食による減肉の進行速度は、0.5㎜以下/年と言われています。漏洩による緊急停止が発生した場合、生産が行えなくなり、さらに復旧にも費用・時間がかかってしまうため、減肉しやすい箇所には予防保全が重要です。

富士ファーマナイトのコンポジットリペアは、必要耐久年数や補修目的に

合わせた最適なコンポジットの『積層範囲』と『積層数』を設計。

プラント設備の計画的な長期延命化の補修をご提案できます。